2017年6月29日木曜日

安比高原のマユミの木


宮沢賢治 過去情炎 より

なにもかもみんなたよりなく

なにもかもみんなあてにならない

これらげんしょうのせかいのなかで

そのたよりない性質が

こんなきれいな露になったり

いじけたちいさなまゆみの木を
紅からやさしい月光いろまで
豪奢な織物に染めたりする

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...