2017年6月27日火曜日

安比高原のほほの木

 
 
童話 雪渡り より
 
そして三人は踊りながら
だんだん林の中にはひって行きました。
 
赤い封蝋細工のほほの木の芽が、
風に吹かれてピッカリピッカリと光り、
林の中の雪には色の木の影が
いちめん網になって落ちて日光のあたる所には
銀の百合が咲いたやうに見えました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...