2017年6月29日木曜日

安比高原のクロモジ

 
 
童話 なめとこ山の熊 より

風があっちへ行くな行くなと思いながら
そろそろと小十郎は後退りした。

くろもじの木の匂が
月のあかりといっしょにすうっとさした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...