2017年6月27日火曜日

安比高原のブナ


童話 虔十公園林 より

風がどうと吹いて
ぶなの葉がチラチラ光るときなどは
虔十はもううれしくてうれしくて
ひとりでに笑えて仕方ないのを、
無理やり大きく口をあき、
はあはあ息だけついてごまかしながら

いつまでも
いつまでも
そのぶなの木を
見上げて立っているのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...