2017年6月27日火曜日

安比高原のニワトコ


童話 貝の火 より

ホモイは何だか嬉しいようなおかしいような気がして
ぼんやり考えながら、
にわとこの木の陰に行きました。

するとそこに若い二疋の栗鼠が、
仲よく白いお餅を食べて居りましたが
ホモイの来たのを見ると、びっくりして立ちあがって
急いできもののえりを直し、
目を白黒させて餅をのみ込もうとしたりしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...