2017年6月27日火曜日

安比高原のやどりぎ

 
童話 水仙月の四日 より
 
雪童子は、風のように象の形の丘にのぼりました。

雪には風で介殻のようなかたがつき、
その頂には、一本の大きな栗の木が、
美しい
黄金いろの
やどりぎのまりをつけて立っていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...