2017年6月27日火曜日

安比高原の山桜

 
宮沢賢治 小岩井牧場 より

すきとおってゆれているのは
さっきの剽悍な四本のさくら

わたくしはそれを知っているけれども目にははっきり見ていない

たしかにわたくしの感官の外でつめたい雨がそそいでいる
 (天の微光にさだめなく  うかべる石をわがふめば
  おおユリア しずくはいとど降りまさり  カシオペーアはめぐり行く)

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...