2017年6月29日木曜日

安比高原の白樺

 
宮沢賢治 かしわばやしの夜 より
 
清作は、さあ日暮れだぞ、
日暮れだぞと云いながら、
稗の根もとにせっせと土をかけて いました。
そのときはもう、
銅づくりのお日さまが、南の山裾の群青いろをしたとこに落ちて、
野はらはへんにさびしくなり、
白樺の幹などもなにか粉を噴いているようでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

安比高原のオミナエシ

  童話 気のいい火山弾 より   はじめは仲間の石どもだけでしたが あんまりベコ石が気がいいのでだんだんみんな馬鹿にし出しました。   おみなえしが、斯う云いました。 「ベコさん。僕は、とうとう、黄金のかんむりをかぶりました...